闇金ブロック¥「カネ」の取立てから法律で守る

契約

ずいぶん前から、当たり前のようにテレビ番組のCMに消費者金融業者の名前が堂々と放映され、借金をするのが恥ずかしい人向けに、無人営業の消費者金融の店が乱立されてきました。

 

そして、今は過払い金の返還請求の手続きを代行してくれる司法書士事務所などのCMが流されています。

 

それだけ、高利の金利で借金をしている人が、大勢いることが分かります。

 

消費者金融と呼ばれる金貸し屋でさえ、こんな調子ですから、いわゆるヤミ金業者に金を借りるのは、人生の大きな生活設計の破たんを意味するものと言えるでしょう。

 

ヤミ金とは?

 

ヤミ金融とは、国、または都道府県に貸金業の許可を得ずに貸金業を営む会社、もしくは個人のことを指します。誰にでもお金を貸す代わりに、非常に高利の利息を請求してくる、十日で1割の金利を取るような、いわゆるトイチが、世間一般に知られているヤミ金融の代表格と言えるでしょう。

 

しかし、現在ではトサンと呼ばれる十日で3割、トゴと呼ばれる十日で5割の金利をとるようなヤミ金融業者も当たり前のように、暗躍しているのだから怖いものです。

 

その特徴は、やはり、常識の範疇を超えた高い金利があげられます。

 

闇金から借りた者はどうなるのか

 

そして、一度、そのような業者から金を借りたが最後、なんの手も打たなければ、確実に会社ならば破産し倒産、個人でも破産します。すでに消費者金融での借金で首が回らない人や、運営資金をどこからも融資してもらえなくなるまで信用を失った倒産寸前の会社など、どうしてもお金が欲しい立場にある、正常な判断力を失った人の情報を調べ上げ、ダイレクトメールや電話を用いて甘い言葉と誠実な態度で融資の話を持ち掛けます。

 

そして、早晩、債務の返済ができなくなるので、そこから本性を現し、地獄のような取り立てが始まるのです。

 

ですので、ヤミ金融からの最上の自分の身の守り方は、お金は借りない。借りるのであれば、絶対に無理な返済計画での借金はしないことでしょう。わずかな心の隙から、甘い考えで借金をすると、それが、入り口となってしまいます。

 

借りてしまったら・・

 

既に闇金から借りてしまったという場合には、闇金の取立て相談窓口(弁護士がいます)を使いプロに相談をする様にして下さい。

 

無料で使えるのでご安心下さい。

 

近所の方への相談は一人で悩むのに比べたら話さないだけマシですが、最悪、その人まで巻き込んでしまう可能性もありますし、間違った対処法を覚えてしまう危険性もあります。